20代で知っておくべき「歴史の使い方」を教えよう。

おかげさまで【千田本142冊目】が発売しました。

僕が3,000人の経営者と会う際に注意していたことはたった1つでした。

それを知っていただけで随分人生が楽になり、他の勉強に充てられました。

【追伸】

学研プラスより【これまでの千田本】を読んだ人たちからファンレターが
どっさり送られてきました。

ビビ!!ッときたものを厳選して掲載しておきます。

掲載されなかったあなたも、本当にありがとう。

「60代なので手遅れだと思うが最後まで読ませてもらいました。
平均寿命まであと17年あるので参考になりました。私は自己啓発書が
好きで、読み続けています。最近は、目標をピカソのような生活と
定めて努力しています。死ぬ直前まで、自己啓発書を読み続けて
骨になりたいと考えています。」

→60代男性、作家の方です。
【読む→休む→食事→すいみん→トイレ→すいみん→読む→食事】
の毎日だとも書いてありました。
あと17年と言わず、ぜひピカソのように90代以上まで生きてください。

「『この世の中は納得してから動く人ではなく実際に動いた
人だけが納得できて幸せになるようにできているのだ。』の
文章が心に響きました。行動あるのみだと思い、今年の6月には
水先案内人の学校へ願書を提出して、来年4月には入学したいと
考えております。」

→40代男性、外国航路船長の方です。
スタートしたことに、拍手。
吉報をお待ちしています。

「千田本を読みはじめて24冊めの本書を手にしました。私は
マンガ家歴17年で現在マンガ一本でメシを食べていけるのも
2012年に千田本に出会ったおかげだと思っています。」

→40代男性、マンガ家の方からです。
マンガ一本で食べていけるなんて、本当に素晴らしい人生ですね。
決して誰でもできることではないので、ぜひ活躍し続けてください。

「私も岐阜の出身です。私は自分は受験生の時に早起きの習慣に
変わりまして、今は1人読書の時間のためにいつもより30分早く
起きています。
受験生の時は夜遅くまで頑張っている姿で勉強している風に
していただけで全く頭に入らず朝に変えてみたところその静けさに
感動!!から始まり凄く時間が大切に思えて成績にももちろん
反映されました。今このハガキも朝読書前の時間(5:30)に
書いています。コーヒーも美味しい♥」

→30代女性、ヤクルト販売員の方からです。
朝の空気と時間は本当に幸運の塊ですね。
できれば二人の秘密にしておきたいくらいですね。

「千田さんのおかげで夜の睡眠の大切さと朝の時間の尊さを
知る事が出来ました。ありがとうございます。毎朝千田さんの
一言を読んでから始業します。」

→30代女性、会社員の方からです。
睡眠さえ確保していれば人生は何とかなります。
朝の時間のありがたさを活用すれば人生は何とかなります。
共に咲きましょう。

「昼食を抜いて『時間持ち』になる勇気をもらいました。」
→20代男性、会計士の方からです。
昼食を生き甲斐にするよりも、うっかり昼食を忘れてしまうくらい
仕事に没頭できるのが本当に幸せな人生ですね。

いつも、あなたに、支えられています。

文筆家、千田琢哉