村上春樹。

間違いなく今世紀に入ってから世界で一番評価されている日本人作家だ。

平均未満の落ちこぼれから酷評されるのは、パブロ・ピカソと似ている。

ここまでくると、理解できないのは100%読み手の責任である。

文筆家、千田琢哉