ノーベル経済学賞。

アダム・スミスの自由放任主義を推進した学者に与えられた時期もあった。

だが1998年のインド人のアマルティア・センの受賞から風向きが一変した。

自由放任では余りにも犠牲が大き過ぎることを主張したのだ。

文筆家、千田琢哉