愚公山を移す。

愚公というお年寄りが世のため人のために子々孫々山を崩そうと試みた。

周囲のニヤニヤした傍観者たちは彼を「本当にバカだな」と嘲笑った。

天が彼の志に味方し、一夜にしてその山を移せた。

【追伸】

次は、あなたの番だ。

文筆家、千田琢哉