Object。

これは「対象」という日本語訳が一番しっくりくる。

対象とは自分から距離を置いて目の前に持ってくる状態のこと。

こう考えると「object to ~=~に反対する」もストンと腑に落ちる。

文筆家、千田琢哉