部分勝ちを叫ぶのは負け犬の証拠。

「バストの大きさでは私が勝っています!」「英語だけは誰にも負けません!」

それは自分が人として、人間の総合力で負けている証拠である。

負け犬が過去の部分勝ちの栄光を語り続けるのは、ろくに勝ったことがないから。

文筆家、千田琢哉

投稿者: 千田琢哉

千田琢哉(せんだ・たくや) 愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ちの文筆家。