先生が知っているけど口にしない真実。

その先生が偽物でなければ、最初から誰が一流になれるのかはわかっている。

凡人が一流になれるのは、単に競技参加者の偏差値が低い土俵だから。

良き遺伝子の持ち主の努力が報われた瞬間が、人類に貢献する瞬間だ。

文筆家、千田琢哉

少しでも早く更新を知りたい人は・・・
↓↓↓
YouTube or Twitterから。