志賀直哉。

無駄な贅肉を一切削ぎ落とした清々しい文章。

そんな彼の文章は途轍もない推敲力の賜物であった。

これはきっと随筆に違いないと思われた作品も実は小説だった。

文筆家、千田琢哉

少しでも早く更新を知りたい人は・・・
↓↓↓
YouTube or Twitterから。