チャンスの賞味期限。

「チャンスの賞味期限が切れた相手にはどう伝えればいいですか?」

 

僕は「有効期限は一生だからいつでもどうぞ」とだけ優しく伝える。

 

どちらかが先に死ぬわけだから結局これでチャンスは流れたことになる。

 

文筆家、千田琢哉

投稿者: 千田琢哉

千田琢哉(せんだ・たくや) 愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ちの文筆家。