『歴史本』ファンレター拝受。

学研プラスから【千田本142冊目】のファンレターがどっさり届きました。

ビビッ!!ときたものを厳選して以下に掲載します。

今回たまたま掲載されなかったあなたも、本当にありがとう。

【追伸】

「中学、高校の教科書より面白く大変勉強になりました。
歴史が大変、好きになり深堀りをしていきたいです。
千田さんの本を読んだことを啓示として言葉を周りの人に
伝えたいと思います。ありがとうございました。」

→48歳、男性、会社員の方からです。
ぜひ受けた啓示を活かしてください。
啓示は、動いてナンボです。

「恋愛編は、とても衝撃で参考になりました。どうもありがとう
ございました。」

→28歳、男性、フリーターの方からです。
きっと、歴史の半分は恋愛で動いていると思います。

「まんがで日本史を勉強することは参考になっています。
いま幕末から読んでいます。真夜中の雑談を購入させていただきました。
ますますのご活躍をお祈り致します」

→49歳、男性、公務員の方からです。
マンガは本当に素晴らしいですね。
わかりやすく、そして夢を与えて元気にしてくれるからです。

「千田琢哉さんの本に出会って一冊目から自分の考え方が変わりました。
一人でいる時にこそ読書し自分を磨く。
人と自分を比べることも全くなくなりとても生きやすい。そして楽しい
毎日です。書店で並んでいる本を見ていると装丁の美しさで千田さんの
本とすぐに分かります。」

→46歳、女性、病院勤務の方からです。
今輝いている人は100%、人生のどこかで孤独に勉強した人です。
共に輝ける人生を歩みましょう。

「ほぼすべてのページに付箋を貼りました。近道はないと、よく言いますが、
千田本は成長への近道だと思います。ありがとうございます。」

→28歳、男性、損害保険会社勤務の方からです。
大学時代、将来本を出す時がきたら「こうしよう」と心に誓ったことが
一つありました。
もし大学時代の自分が千田琢哉の本に出逢ったら、すべてのページに
線を引きたくなる本を書くということでした。

「千田様の本を読んで人生が変わりました。ありがとうございます」
→お孫さん(女の子)が水泳で東京ジュニアオリンピック選手に選ばれた
とのことです。
インターネットで記録を見て驚愕しました。
僕も小学生時代に間違って市の水泳大会に学校代表選手の一人として
出場し、冷や汗をかいたことを今思い出しました。

ジュンク堂書店ロフト名古屋店では姉貴分の2016年12月刊【教養本】
引き続きロングセラーでランクインしています。

いつも、あなたに、支えられています。

文筆家、千田琢哉