長くもがなと思ひけるかな。

学研プラスからどっさりファンレターが届きました。

すべて何度も読み返しました。

いつも、あなたに、支えられています。

【追伸】

僕がビビッ!ときた一部のみを紹介させていただきます。

今回たまたま紹介されなかったあなたも、本当にありがとう。

「(2017.12.28消印で)明けまして、おめでとうございます。
フライングで、新年のご挨拶を申し上げます。いつもあなたに
支えられています。」

→30代男性、医師の方です。
医学部生時代からもう長いお付き合いの気がしますね。
お互いに土俵は違いますが、共に夜空の星のように輝き合いましょう。

【集中本】今年に入ってから千田琢哉さんの著作を9冊、
精読いたしました。家族や親戚がいなくなり独りになっても
千田さんの本を読みつづけて現在の仕事を全うするつもりです。
どうかご健康に気を付けて良質の知識を私に与えつづけて
くださいますようお願いいたします。」

→50代男性、翻訳者の方です。
文面からプロ根性が伝わってきました。
好きなことに没頭して、しかも孤独でいられるって、最高の贅沢ですよね。

【集中本】早速読者ハガキを書いてみました。千田さんの本には人を
突き動かす力があるので、読後は何か行動してみようという
気持ちになれます。自分はあまり行動力がある方ではないので、
千田さんの言葉には大変励まされています。ありがとうございます。」

→20代男性、学生の方です。
著者冥利に尽きます。
僕は感動してもらうためにではなく、読者に動いてもらうためだけに
本を書いています。

【語彙本】年始の挨拶で63『今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、
よろしくお願い申し上げます。』とゆっくりはっきり伝えたら、
職場の上司や取引先の方々の表情が変わりました。
言葉の力を改めて感じました。ありがとうございます。」

→30代男性、会社員の方です。
人が進化するのはほんの一瞬です。
でもそれはこれまでに蓄え、勇気を持って挑んだ人だけができます。

【語彙本】“『人生』を彩る美しい語彙力”の章がとても素敵でした。
日本文学は美しい。洗練された語彙力を身につけてそれに見合った
人間性も兼ね備えたいと思いました。」

→40代女性、公務員の方です。
あの章は今回どうしても書きたかった章です。
企画が届いた瞬間、あの章を書こうと決めました。

【語彙本】約5年前に千田さんの本と出逢えましたのは、
僥倖に恵まれました。
さっそく、本書を参考にし美しい言葉を発し始めました!!
畢竟、大好きです!」

→20代男性、学生の方です。
その調子です。
語彙力を増やすためには、本をたくさん読んで、わからなければ
その都度調べ、できるだけ使い、たくさん恥をかくことです。
逃げずにそれを継続すれば10年後に笑うのは、100%あなたです。

今回は、以上でございます。

文筆家、千田琢哉