『雁』のお玉。

森鴎外の小説『雁』にお玉という献身的な女性が登場する。

年老いた父親のためにお金持ちの妾としてもらわれていくのだ。

お金持ちと言ってもケチな高利貸だったのでお玉は最後まで愛せなかった。

文筆家、千田琢哉