人間は水虫。

何かの評論文で確かそんなメタファーを目にしたことがある。

なるほど地球を人の足と見れば、人の存在は水虫そっくりだ。

どんどん繁殖してあちこちの自然を破壊しまくっているのだから。

【追伸】

とすれば、薬は酸性雨や紫外線といったところか。

水虫の特効薬がなかなか発明されないように、地球も腐心しているかも。

文筆家、千田琢哉