親族の観察。

子どもの頃は「みんなで仲良く」遊んでいた親族。

そのうち次第にレベルの格差が明らかになって疎遠になっていく。

疎遠にならないのは一族のDNAの範囲内で収まるレベル同士のみ。

文筆家、千田琢哉