ひでぶ。

『北斗の拳』では人の命の価値には明確な序列があることを学んだ。

チンピラの風貌で「ひでぶ」と吠えて死んでいく連中はいずれも命の価値が低い。

悪役でも命の価値の高い強い男はいずれも決して「ひでぶ」と吠えて死なない。

文筆家、千田琢哉

今後より早く更新を知りたい人は・・・
↓↓↓
YouTube or Twitterから。